7thwheel blog

世界はわたしのなかにある

MX MASTER購入!〜この時を待っていたぞ!MX Revolution の後継〜

4月2日

ついにこの時が来た!

MX Revolution の真の後継、MX MASTER を手に入れました!!

f:id:seventhwheel:20150403113903j:plain

4月2日が発売日なのですが、4月2日に届きました!!流石 Amazon。Logicool で買うより速く届くだろうなぁとは思っていましたが、発売日に合わせて発送してくるなんて嬉しいじゃないですか。

MX Revolution

MX Revolution はこれまで3個買いました。

今職場で使用している3代目は、キーボードとセットの MX 5500 Revolution として買ったものですが、ご多分に漏れずチャタリングを起こしていてそろそろ潮時だなぁと思っていました。

一度は分解して左右のスイッチを入れ替えようと試みたのですが、ハンダを上手く外すことが出来ずに断念しました。ニッパーで線を切って新しいスイッチと交換という手段も考えましたが、分解がかなり面倒なのでどうしようかな〜と保留にしていました。

ワクワクが止まらない

そんな折に目にした MX MASTER 発売のプレスリリース。

いや〜久々に胸がときめきました。

何かをこんなワクワクした気分で待つのはなかなかありません。EOS 6D を注文してから届くまでの感覚とも少し違います。

昔好きだった女の子に十数年ぶりに合うといった感覚でしょうか?

それにサイトのムービー見ました?

あれを見てときめかないわけには行きません。

MX MASTER

f:id:seventhwheel:20150403114028j:plain

箱の蓋は、MX Revolution の時と同様に磁石で固定されていました。

f:id:seventhwheel:20150403123854j:plain

底面は空気抵抗を極限まで減らすために深い溝が設けられています。

というのは冗談ですが、MX Revolution とは全く違った表情です。

f:id:seventhwheel:20150403190651j:plain

底面は接触部分とスイッチやセンサーが配置されたパネル以外は全て滑らかな流線型に仕上げられています。

f:id:seventhwheel:20150403190737j:plain

デザイナーの徹底的な意図、意思を感じます。

表面は手に触れるインタフェースであることから人間の手に馴染むよう装飾的な造形は排除したのでしょう。その反動が底面に現れているような気がします。

ファーストコンタクト

セットアップを済ませ MX MASTER を握った瞬間に感じたこと。

「変わらない」

長年 MX Revolution を握っていた右手はすっと MX MASTER に馴染みました。

実はこれは凄いことだと思います。

一から設計をやり直し違うフォルムになっているにも関わらず手に馴染む。

変わり映えがしないといえば聞こえは悪いですが、MX Revolution の時には既に造形は完成していたということになるのでしょう。

そしてこの MX MASTER では細かい調整が行われたということが想像できます。

スクロールホイール

f:id:seventhwheel:20150404103406j:plain

MX Revolution のホイールと比べると、クリック感やフリースピンへの切り替えが軽快になっています。進化を感じます。

サムホイール

f:id:seventhwheel:20150404103426j:plain

こいつは少し意表を突かれました。

まあ勝手に想像していただけではあるのですが、クリック感のある操作感なのかなと思っていたのですが全然違いました。

オーディオのボリュームつまみのような無段階で若干重みのある感覚です。重みというよりほんの少し抵抗があるといった感じでしょうか。フリースピンのようにクルクル回るものではありません。

そしてこいつが気持ちいい!

想定外でした。じつはサムホイールには大して期待していなかったんですね。

でもブラウザでの戻る、進むや、エクセルでの水平スクロールがスムーズでとても気持ち良いです。

今まではマウスジェスチャーでブラウザの戻る、進むを操作していましたが、MX MASTER では間違いなくサムホイールを使用していきます。マウスを動かす必要がないですからね!

進む、戻るボタン

f:id:seventhwheel:20150404103436j:plain

MX Revolution では前後に配置されていましたが、MX MASTER では上下に配置されています。慣れるまでに多少時間がかかりそうです。

MX Revolution ではコピー&ペーストを割り当てていたのですが、MX MASTER でも同様に割り当てようと思います。

全体

充電台がなくなりましたが、1回の充電で40日持つそうなので全く問題ないでしょう。

重量は2グラムほど軽くなったようですが違いはあまり感じられません。

レシーバーが小さくなったのと、Bluetooth に対応したのは嬉しいです。

ジェスチャーボタンは私の手に合わないようで正直使いにくいです。Magic Trackpad にはかないません。ソフトウェアのアップデートで使いやすくなることを期待します。

期待しますが恐らく使わないでしょう。

総評

正当に進化した素晴らしいマウスだと思います。

買って良かった。

今のところ不満点はありません。

仕事で使用するのが楽しみです!

Logicool ロジクール ワイヤレスマウス MX Master Bluetooth・USB対応 MX2000

Logicool ロジクール ワイヤレスマウス MX Master Bluetooth・USB対応 MX2000