読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7thwheel blog

世界はわたしのなかにある

T字カミソリから電気シェーバーに変えてみた

これまで愛用していたT字カミソリを、電気シェーバーに変えて1ヶ月が経つ。使い方にも慣れてきたし気づいたこともある。

T字カミソリ

愛用していたジレットのマッハシン3は金属のグリップで適度な重量感がある。f:id:seventhwheel:20140813110415j:plain

深剃りができるので愛用していたが、気になることも無かったわけではない。蒸しタオルでヒゲを蒸らしたとしても、シェービングローションをつけたとしても、剃った後に血が出ることが度々あった。深剃りするために逆剃りしていたのも原因だろう。

カミソリの刃は直接肌に触れるので、剃る際には肌の一部も削り取っている。これが原因で出血したり、後に炎症を起こしたりしていた。

一度炎症を起こすとそこがウィークポイントとなり、次に剃るときも血が出たりして厄介だった。

電気シェーバー

ネットで調べてみると、電気シェーバーは刃が直接肌に触れないので肌を削り取らないとあった。今までの人生で電気シェーバーは使ったことが無かったのでこれを機にどんなもんか使ってみようという気になった。

急いで欲しかったわけではないのでしばらく放っておいたが、ケーズデンキに行く機会があったので人生で始めて電気シェーバー売り場に足を踏み入れた。

そこは異世界だった。というか、馴染みのない物がズラリと並んでいたので一体どれを買ったら良いものやら全く分からなかった。

パナソニック、フィリップス、ブラウンの三大巨頭の製品が、数千円の安価なものから数万円の高価なものまで取り揃えていた。

特にメーカーにこだわりはなかったが、国産メーカーをなんとなく選択した。明確な理由は特にない。

売り場でカタログとモックを見ながらあれこれ悩んだ末に選んだ機種は、なんと在庫切れだった。結局在庫のある製品を買うことにした。あれこれ悩んだ時間は全くの無意味だった。人生そんなもんである。

結局購入した製品は Panasonic ES-ELV7 という機種で、商品入れ替えのためいくらか安くなっていた。ネットで買えばもっと安いのは分かっていたが、数万円程度の家電はアフターサービスの受けやすさを考えてケーズデンキで買うことにしている。値引きしてもらう楽しみもあるしね。

1ヶ月使ってみた

7月に購入して1ヶ月間使用してみた。

ES-ELV7 の使用頻度は週末を除くと大体毎日といったところ。もともとヒゲはそんなに濃くないので毎日剃らなくても大丈夫なレベルなのだけど、ほぼ毎日剃っていた。

T字カミソリを使用していた時は多い時でも2日に一度。もともとヒゲが濃くないのと、深剃りが出来るので二日に一度で間に合っていたのだ。最近では面倒臭がって一週間に一度しか剃っていなかった。

でも、電気シェーバーだとやはりT字カミソリほどは深剃りが出来なくて毎日剃っていた。

初めはやはり使い慣れてないせいか剃り方もよく分からずになんとなく使っていたので剃り残しがあったり、深く剃れていなかったが、一ヶ月経った最近では電気シェーバーの使い方にも慣れてきてコツも掴み、T字カミソリには及ばずともそれなりに深く剃れるようになってきた。

二日に一度でも済むくらいには剃れるようになったが、それでも毎日剃っていた。というのもやはりT字カミソリに比べて圧倒的に楽なのだ。朝起きて顔洗って、引き出しから電気シェーバーを取り出してすぐに剃って終わりというのはとても楽ちんだ。

今までは必ずローションを塗ってから剃っていたし、ローションを洗い流す手間もあった。冬になれば蒸しタオルでヒゲと肌を蒸らすという手間も加わる。

それが、剃って終わりになるのだから圧倒的に手間がかからない。毎日剃っても苦にならない。

肌に優しい

T字カミソリを使用していた頃はたまに流血したり、炎症が起きて吹き出物ができていたりしたが、電気シェーバーにしてからは流血は一度も起きていない。当然炎症も起きなくなった。期待していたとはいえこれはとても嬉しい。

ただ、T字カミソリの時には感じなかったひりひり感が若干あるのでひげ剃り後にニベアを塗っている。これで全く問題ない。ニベアを塗らなかったとしてもヒリヒリが続くわけではないので問題ない。

気になる点

剃るのには圧倒的に楽なのだが、T字カミソリとは違った問題点が一つある。

それはニオイ。

T字カミソリは水道(うちの場合は井戸水というか地下水)で洗って放っておいても問題なかったが、電気シェーバーを同様に洗って放っておいたら匂いが気になるようになった。水道水(塩素が入っている上水)で洗ったらいくらかましになったが、それでも何日かすると臭いが気になってくる。

全自動洗浄充電システムなどという仰々しい仕組みが付属している理由が良く分かった。構造上雑菌が繁殖しやすいのだろう。キャップを閉めると内部は乾燥しにくそうだし。

ということで、週に一度は洗浄している。といっても充電器に挿してボタンを押すだけなのでなんの苦労もない。これだけで洗浄、乾燥、充電をしてくれる。終わった後は良い香りもするし清潔感があって良い。

ただし、洗浄液が1パック250円程度するので微妙なランニングコストがかかる。といっても週に一度の洗浄なら2〜3ヶ月くらいは持ちそうなので気にするレベルではないかなとも思う。(説明書には毎日の洗浄で30日間とあった。)

付属していた洗浄液を使用しているがこれが切れたらアマゾンでまとめ買いしようと思う。6パックセットを買えば1年は行けそうな気がする。

ということで、10年以上愛用していたマッハシン3からラムダッシュ ES-ELV7 への鞍替えは成功と言えそうだ。